インプラント治療症例|本厚木駅すぐの歯医者|厚木市のさとう歯科クリニック

駐車場12台

キッズスペース完備

日曜日・祝日も診療しております

初診ネット予約受付

ご予約専用フリーダイヤル

0120-643-418

神奈川県厚木市林1-20-24本厚木駅 車で10分

インプラント治療症例

さとう歯科クリニックが実施したインプラント治療をご紹介

▼さとう歯科クリニックで実際に行ったインプラント治療の症例をご紹介致します。

前歯の抜歯即時埋入/ラミネートベニヤで最終補綴した症例(50代:女性)

「左上前歯が腫れている」という主訴で受診されました。

初診時のレントゲン写真

(図:レントゲン画像)

CT画像

(図:術前CT画像)

当該歯は被せ物にしてあり、神経がない状態の歯でした。CT・レントゲンにて精査したところ、大きな土台が入っていた為に歯根破折(歯の根が割れている)したものと判明し、保存不可能と診断しました。

治療法の選定

抜歯後の治療方法にブリッジの選択肢もありましたが、今回の場合、特に破折した歯の両隣はまだ神経があり、ほとんど削られていない歯でした。歯を削ってしまえばもとに戻すことはできません。削って被せ物にすることで、またそこから2次的に影響を受け、虫歯や歯周病を誘発することになります。

両隣の歯を守る為にも、インプラント治療が望ましいとご提案いたしました。ご相談の上、当院でインプラント治療を始めることとなりました。

治療前のご説明・口腔内環境を整えるための処置を実施

治療説明・クリーニングインプラント治療が初めての方でしたので、後日、治療の流れや術後の維持の為のメンテナンス内容等を明記した同意書の読み合わせをし、当院でのインプラント治療に関する事前説明を行いました。

外科処置後の感染リスクを低くする為、歯周病リスクを測定する唾液検査、そしてPCR(汚れの付着度)を20%以下に下げるまでの除菌・クリーニングを4回施しました。

インプラント埋入手術(抜歯即時埋入)・CGF再生療法の実施

抜歯当日に即時埋入(インプラントを植える)することで骨欠損(抜いた跡の骨が吸収してくること)を最小限に抑える効果があることを事前に説明後、オペを行いました。

また、抜歯したあとの骨欠損を修復する為、患者さんの血液から生成したCGF(成長因子)と骨補填材を抜歯窩に充填する再生療法も同時に行いました。

インプラント埋入手術完了

インプラント手術後のCT画像

(図:術後CT画像)

埋入直後のCT画像を患者さんにお見せし、安全に完了した旨をご説明しました。

ラミネートベニアで右前歯の審美治療を実施

治療前

治療前

治療後

治療後

インプラント治療後、右前歯についても患者さんとの相談により、セラミック製のラミネートベニヤで審美治療を行いました。左右両方の前歯に調和がとれ、非常に美しい仕上がりになりました。

その後、3ヵ月周期でメンテナンスを続けて頂いており、現在も経過は良好です。

治療期間 10ヵ月
治療回数 16回
治療費 708,480円(当初消費税8%)
リスクなど ・過度な咬合力により、上部構造が破損・脱離する可能性があります。
・日々のお手入れ、定期メンテナンスを怠るとインプラント周囲炎のリスクが高まります。

ステントを使用した負担の少ない奥歯のインプラント治療症例(40代:男性)

「左下奥歯がしみて痛い」との主訴で来院されました。

左下奥歯の被せ物が外れ、5ヵ月ほど経過した状態でした。次第に痛みが強くなり受診されましたが、診断時点では虫歯が大きく保存不可能と説明しました。さらに、手前の歯にも大きな虫歯があり、痛みの原因になっていたため、神経をとる処置に至りました。

初診時のレントゲン写真

(図:初診時レントゲン画像)

親知らずの抜歯と治療説明

初期治療の後日、残根状態の歯、さらに奥の親知らずを抜歯しました。インプラント治療について利点・欠点・治療期間・費用・手術方法、合併症等の説明を十分に行いました。

ワックスアップ

顎の運動を測定した上で正常の噛み合わせを考慮し、全体的な被せ物による修復後の形態を設計したものを診断用ワックスアップ模型で説明しました。
※右記の画像はイメージです。

抜歯5ヶ月後インプラント治療の実施

抜歯をしてから5カ月程経過した状況で、歯肉もきれいにふさがり骨の経過も良好であったことから、ガイドシステム(ステント)を使用してインプラントの手術を行いました。

ガイドシステム(ステント)

ステントを使用することで、いくつかの利点があることを患者さんに説明しました。

【ステントを使用することのメリット】

埋入前のCT撮影

ステントを口腔内に入れた状態でCT撮影を行い、位置関係の確認をしました。

CT撮影

(図:ステント試摘/埋入前口腔内画像)

インプラント体埋入

インプラント体埋入

ステントを使用すると大きな切開が不要なので、術中も出血量が比較的少なく済み、治療も簡潔に進めることが出来ます。

インプラント埋入手術完了

インプラント埋入手術完了

(図:術後レントゲン画像)

インプラント埋入手術完了

(図:術後CT

術後、CT撮影画像を使用して患者さんに無事インプラント手術が完了したことを説明いたしました。

治療前

サンプル

治療後

サンプル

その他の部位も、全顎的にセラミック修復による虫歯治療を行い、インプラントを含めた治療が完了しました。患者さんも咬み合わせと審美性の修復ができ、大変喜んでおられました。これからは、定期メンテナンスでお口の健康維持をサポートしていきます。

治療期間 1年7ヵ月
治療回数 68回
治療費 1,480,680円(当初消費税8%)
リスクなど ・過度な咬合力により、上部構造が破損・脱離する可能性があります。
・日々のお手入れ、定期メンテナンスを怠るとインプラント周囲炎のリスクが高まります。
・骨の状態により、インプラントと骨がしっかり結合しない場合がございます。

トップへ戻る