痛みを抑えた治療|本厚木駅すぐの歯医者|厚木市のさとう歯科クリニック

駐車場12台

キッズスペース完備

日曜日・祝日も診療しております

初診ネット予約受付

ご予約専用フリーダイヤル

0120-643-418

神奈川県厚木市林1-20-24本厚木駅 車で10分

痛みを抑えた治療

痛みや恐怖などの負担を緩和!快適な治療を心がけています

快適な治療

さとう歯科クリニックでは、歯科治療に対して、皆様が抱く「痛い・恐い」と言う身体的・精神的負担を緩和する処置を心がけ、快適な治療の提供に努めています。ここでは、当院が実施する負担を緩和するための工夫をご紹介致します。

麻酔注射の痛みを緩和する6つの工夫

歯科治療の痛みの代表とも言われるのが「麻酔注射」です。当院では、様々な器具や、それらを扱う歯科医師の技術によって、麻酔注射の痛みを最小限に抑えています。

塗布型麻酔で痛みを緩和

塗布型麻酔

麻酔を行う前に、粘膜にゲル状の麻酔を塗布します。この処置により、針を打った瞬間のチクッとする鋭い痛みを、緩和する事ができます。塗るタイプの麻酔となりますので、この処置自体に痛みは伴いません。

麻酔液を人肌に調整

麻酔液

人の体は温度差にも敏感で、組織の瞬間的な拒絶反応から痛みなどを感じやすくなります。当院では、麻酔液を温める専用器具を使用し、人肌に調整した麻酔液を注入する事で、温度差で生じる痛みを緩和しています。

針の感覚を最小に

針

注射に使用する針の細さは、打つ瞬間の痛みと比例します。当院では、現在使用できる超極細針(33G)を採用していますので、限りなく痛みを抑えた処置が可能となります。

一定の速度で麻酔液を注入

電動の注入器

麻酔液を注入する際にも、一定の速度で注入する事で痛みを緩和する事ができます。当院では、電動の注入器を使用して、一定の圧力で麻酔液の注入を行っています。

歯科医師の技術による工夫

歯科医師の技術

麻酔注射を打つときには、患者様の呼吸に合わせて痛みを感じにくい息を吐くタイミングで処置を行っています。さらに、出来るだけ注射から意識をそらすよう心がけ、患者様の視界に針などが入らないよう努めています。

リラックス状態での処置

リラックス状態

不安や恐怖から、体が緊張状態にあると痛みを強く感じる事や、十分な麻酔効果が得れない事があります。当院では、患者様としっかりコミュニケーションをとり、体の緊張状態をほぐしてから処置をしています。

不安や緊張を和らげる麻酔もご用意しています

インプラント治療や親知らずの難抜歯などで、恐怖や、極度の緊張状態の患者様には、精神的な負担を和らげるための麻酔法もご用意しています。

笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法笑気吸入鎮静法は、笑気麻酔と呼ばれる麻酔の一種です。鼻から亜酸化窒素と言うガスを吸入することで、ほろ酔い状態に近い感覚となり、不安やストレスが緩和されます。

通常の麻酔注射と併用する事で、より負担を軽減した治療が可能となります。全身麻酔とは、異なり意識はありますので、歯科医師や歯科衛生士ともコミュニケーションをとる事ができます

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法外科処置をする際には、様々な器具が視界に入ったり、専門的な言葉が不安や恐怖心を高めます。

当院では、そういった患者様対して麻酔専門医が実施する「静脈内鎮静法」をおすすめしています。うたた寝のような感覚になり、緊張や不安を限りなく抑えた治療が可能となります。

【静脈内鎮静法/10万円(税別)】

静脈内鎮静法の副作用やリスクなど

静脈内鎮静法は安全性の高い麻酔法として、外科治療の際などに比較的多く用いられています。ですが、使用する薬剤にアレルギー反応がある方や、妊娠中の方には使用する事ができません。稀に呼吸や血圧などに影響があるため、施す際には麻酔専門医師の立ち会いが必要となります。施術後はふらつきがなくなり、意識が鮮明になるまでは歯科医院にて待機が必要となります。

※当日は運転や飲酒、激しい運動は行えませんのでご了承下さい。

治療時の負担を緩和するための取り組み

治療時の負担を緩和

「削る量=痛み」と言う考えから、さとう歯科クリニックでは、歯を削る量を最小限に抑えた処置を心がける事で、痛みに配慮した治療に努めています。

抜かない・削らない治療ページへ

本厚木で痛みや不安に配慮した快適な治療をお探しの方へ

痛みや不安に配慮した治療

さとう歯科クリニックでは、心身の負担の軽減に取り組み、患者様に快適な治療を受けて頂けるよう日々努めております。これまで、歯科治療に対して痛い、恐いなどのイメージを持たれている方などいらっしゃいましたら、ぜひ一度当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る