セラミック修復とインプラントによる全顎的な治療症例(50代:女性)|本厚木駅すぐの歯医者|厚木市のさとう歯科クリニック

駐車場12台

キッズスペース完備

日曜日・祝日も診療しております

初診ネット予約受付

ご予約専用フリーダイヤル

0120-643-418

神奈川県厚木市林1-20-24本厚木駅 車で10分

セラミック修復とインプラントによる全顎的な治療症例(50代:女性)

セラミック修復とインプラントによる全顎的な治療症例

▼こちらの患者様は右上の前歯が折れたとのことで来院されました。

初診時の口腔内画像

(図:初診時=正面・側方面・咬合面)

右下奥歯が欠損しており、義歯を作ったことがなく長期的に歯がない状態で過ごされていました。噛み合わせが深く、下の歯がほぼ全体に隠れて見えない噛み合わせ=過蓋咬合(かがいこうごう)をしていましたので、深く噛みこんだ上に奥歯がなかったことで、前歯が破折したものと解説しました。

治療計画の立案

初診時のレントゲン画像

(図:初診時レントゲン)
※欠損部の対合歯(青)は、咬み合う歯がなかったため、下に長く伸びています。

治療計画として、右下奥歯にインプラントを入れ、さらに左側奥歯についてもセラミック修復をすることにより、左右両方の奥歯が安定的に噛むことを一つの改善点としました。
顎の運動を測定し、理想的な噛み合わせに近づけるため、上下顎の位置と歯の位置関係を精査しました。

また、被せ物も古く歯肉との境目に隙間があった前歯は、2次的な虫歯を防止するため、古いかぶせ物を取り除き、根の治療を含めたセラミック修復により、審美的な改善も進めました。
さらに、右上奥から2番目の歯は抜歯後、両隣の歯を短くし咬合平面を揃え、セラミックブリッジを製作、全顎的な治療で咬み合わせ・審美性の修復を行いました。

治療計画書画像

(図:治療計画書画像)

CTでの精密検査/ステント試摘

治療計画書画像

(図:術前CT・ステント試摘)

リスクを最小限に抑え、よりスムーズな手術を実現するため、CT精密検査でインプラント埋入時に使用するステントの位置を確認しました。

インプラント手術の実施

インプラント手術の実施

(図:術中画像・ステント試摘・ステントにて埋入・埋入後)

術後CT

(図:術後CT)

インプラント治療前には、除菌・クリーニングによる歯周病リスクの改善を進め、短期的に口腔内清掃を行い、CT画像を基に製作したステント(ガイドシステム)を用いてインプラント埋入手術を実施しました。術後のCT画像で計画どおりの位置にインプラントが埋入されたことを確認。

治療完了後の経過観察

経過観察時・口腔内画像

(図:経過観察時・口腔内画像)

経過観察時・レントゲン

(図:経過観察時・レントゲン)

完成後は、咬耗や加重によるセラミック・天然歯の破折を防ぐため、ナイトガード(保険適用マウスピース)を製作しました。

その後は3ヵ月に一度のメンテナンス、半年に一度の健診により、経過観察をしていますが、20174月の治療完了後以降も経過は良好です。

年齢・性別 50代 女性
治療期間 1年2カ月
治療回数 83回
治療費 3,602,880円(税込)/※8%税
リスクなど 咬み合わせが非常に強い方のため、セラミック素材の激しい摩耗や破折のリスクがある。

インプラント治療ページ>>

トップへ戻る