「光学印象」についての勉強会を開きました|本厚木駅すぐの歯医者|厚木市のさとう歯科クリニック

駐車場12台

キッズスペース完備

日曜日・祝日も診療しております

初診ネット予約受付

ご予約専用フリーダイヤル

0120-643-418

神奈川県厚木市林1-20-24本厚木駅 車で10分

「光学印象」についての勉強会を開きました

投稿日:2022年3月28日

カテゴリ:スタッフブログ

いまや歯科治療にて、被せ物を作っていくには”欠かせない”と言われている「口腔内カメラ」。

導入して間もない最新機器により、今後の歯科治療の可能性を広げていくべく、口腔内カメラを使用した光学印象技術(機械側の技術)と、歯科治療の現場で行われる歯牙形成(人の手による技術)との重要な関係性について、勉強会を開きました。

最新機器『プライム・スキャン』を提供頂いた株式会社シロナのご担当者様により、マウスピースタイプの矯正治療の用途・手順について、また当院より外注にて被せ物の製作をお願いしている歯科技工所デンタル・ラボ・ア・グロースの技工士様にも、それぞれスライド形式でお話を頂きました。

院長先生をはじめ歯科医師の先生方には、それぞれご自分の長い歯科治療歴にも、手技的な観点をみて学び、今後の歯科治療における向上のために熱心に聞かれていました。

最新技術を用いることにより、高精度に口腔内(口の中)を描写し、より正確な画像がセラミック等を製作する上での完成度を高めていくことに繋がります。完成度が高い被せ物を作ることで、天然の歯の根っことの境目に寸分の誤差もなくフィットし、被せ物の内部に唾液が進入して虫歯が再発するのを防止したり、周辺の歯茎にも炎症を起こす要因等を、限りなく少なくすることが出来ます。

歯科治療においてこうした機器を使用する上で最大に重要な点は、ワンタッチ・全自動といった「一般家電」のように、最新と言えども、やはり機械ひとつで網羅するものすべてに頼ることなく、完成後の長期維持の為に、人の手によって必要な修正を加えたりして、十分に吟味・検証していくことが大切だということです。こうした機器技術の革新によって、歯科治療技術は、時短・精度の両方の面で大きな助けになると思います。

トップへ戻る