要セルフチェック!「あなたの口にもありませんか?」(くさび状欠損)|本厚木駅すぐの歯医者|厚木市のさとう歯科クリニック

駐車場12台

キッズスペース完備

日曜日・祝日も診療しております

初診ネット予約受付

ご予約専用フリーダイヤル

0120-643-418

神奈川県厚木市林1-20-24本厚木駅 車で10分

要セルフチェック!「あなたの口にもありませんか?」(くさび状欠損)

投稿日:2015年9月10日

カテゴリ:未分類

こんにちは、技工士の霜島です。

本日は「くさび状欠損」についてお話します。
「くさび状欠損」とは、歯頚部(歯と歯茎の境目あたり)に生じる歯質の欠損のことです。

特に歯の表面を覆う「エナメル質」と、中の神経を囲んでいる「象牙質」との境目付近に生じることが多いです。
好発部位(多く発生が見られる部位)は、犬歯(糸切り歯)とその奥に並ぶ小臼歯(小さい奥歯)です。 歯質が削られていくことによって症状が悪化すると、知覚過敏を伴うことがあります。
昔は、誤ったブラッシング、強すぎるブラッシングが原因で発生すると言われていましたが、現在は「歯ぎしり・食いしばり(睡眠時)」などの過剰な咬合力が原因の一つに挙げられています。 食べ物を噛んでいる時は、それほど強い力では噛んでいません。むしろ睡眠時の歯ぎしりの方が、咬合力は強いのです。
予防策としては、マウスピース(保険適用)を装着し、強い咬合力から歯を守る方法があります。当院では症状に応じてマウスピース(=ナイトガード)を装着していただくことを薦めています。​

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る