「前歯が取れた」で歯医者をお探しの方へご理解頂きたいこと|本厚木駅すぐの歯医者|厚木市のさとう歯科クリニック

駐車場12台

キッズスペース完備

日曜日・祝日も診療しております

初診ネット予約受付

ご予約専用フリーダイヤル

0120-643-418

神奈川県厚木市林1-20-24本厚木駅 車で10分

「前歯が取れた」で歯医者をお探しの方へご理解頂きたいこと

投稿日:2020年3月29日

カテゴリ:スタッフブログ

食事中に前歯の被せ物が突然外れ、痛みはないものの、仕事柄マスクも出来ず見た目も悪いので、何とか急いで歯医者に受診し応急処置でも良いので治してもらいたい、といった内容で予約のお問い合わせを頂くことがよくあります。いらした患者さんとお話をして伺っていると、被せ物が外れてしまう原因は自体が「古くなった」とか「だいぶ昔に治してもらったので」とおっしゃる方、また「固い物が好きでよく食べていたから」とお考えの方が多いようですが、「古いこと」や「固いものを食べたこと」が直接の原因ではないということを少しご理解頂きたいと思います。

典型的に次のような方には、(前歯に限らず)被せ物が外れてしまうことがよく見られます。
(1) 奥歯がない
(2) 下の歯が隠れて見えないくらい噛み合わせが深い
(3) 歯ぎしり等で下の歯がかなり削れて擦り減っている

他にも挙げれば原因となりそうなことはありますが、上記の点は主に、ご自身の口腔内の維持に対してリスクになることと理解して頂く必要があります。それでいて上記の点を原因とお伝えしても、なかなか認識されにくいということも大きな問題点です。それはきっと、しばらくの年月、その状況で普通に過ごせてしまっていたからなのかもしれません。

一度崩れ始めると、歯の維持はドミノ倒しのように順番に崩れていき、だんだん維持保存が難しくなっていきます。神経が残せている歯がどれだけ大事か、またたとえ神経がない状態になってしまっていても、ご自身の歯であることがどれだけ大事か、歯を失って噛めなくなって初めて感じてしまっては本当に遅いのです。

睡眠時にどれだけの負荷をかけて無意識に噛んでいるのか、また奥歯がないことで前歯が壊れてしまうため本当は奥歯に義歯を作ることを優先的に治療し始めないと、根本的には解決しないということをご理解頂くことが、ある意味では一番の難題です。

厚木市内でも、日曜日・祝日診療をしている歯医者も最近は珍しくなくなってきました。お勤めで忙しくなかなかお休みの日でないと歯科に通う時間を作ることが出来ずに、分かってはいながら痛みがないのでついつい受診の機会が作れない患者さんは、本当に沢山いらっしゃいます。やはり常日頃、歯の維持に対してトラブルを防ぐには、定期的な歯科健診とメンテナンスに限ります。歯科の受診が久しい方々は、何かが起こる前に歯科に受診し、歯科医師の診査診断により、出来る範囲での予防対策をきちんとしておきましょう。

トップへ戻る